モンスターハンターG Wii イャンクック

モンスターハンターG Wii 攻略GEMANI
     イャンクック




イャンクックの連続ツツキは、スタミナをほぼもっていかれてしまうので、避ける・受けるのどちらかをお勧めします。

クック3分クッキング

・3で待機し降りるところをタメ3
・ひたすら攻める
・怒ったら連続ブレスや威嚇をねらって攻撃

終了!

でたらめでスミマセン。
あと攻め方、武器によって時間がかかるので、タイトルどうりにはいかなくてもご了承。
大剣だけでした(汗ア~ン(ASEAN)。

オススメ武器

イャンクックは飛竜種の中でも弱い方

攻撃力もたいした事はありませんが、注意すべき技は尻尾回しです。
イャンクックの尻尾回しはリオレウスと違い、中心に避難しての乱舞が不可能。

そんなイャンクックへのオススメ武器

近接武器なら「双剣」!
ガンナーなら「ヘビィボウガン」!

双剣はガードが出来ないかわりに鬼人化しての乱舞が圧倒的。
イャンクックのついばみ攻撃は、ガードに適さないため避けるのが適切。
攻撃の隙をついて鬼人化乱舞を繰り出せばかなり有効でしょう。

てっとり早く終わらせたいならハンマーで挑むのもよいでしょう。



ヘビィボウガンは威力が高い!!
イャンクックの攻撃は回避で避けられるものが多い。
ヘビィボウガンでも容易に避けれるため、ヘビィボウガンで挑むのがセオリーでしょう。



イャンクックについて

*耳破壊について

 耳破壊は普通と違ってハンマーでも破壊できますよ!!!

*弱点部位

ハンマー
ボウガン
その他の武器

*弱点属性

1番はやっぱり水です。首が弱いです。
2番は以外と知らない?雷です。やっぱり首です。

みなさんこれを参考にして頑張ってイャンクックを狩ってくださいね。
応援しています\(^o^)/

イャンクックの剥ぎ取れる素材

剥ぎ取り回数3回

ノーマル  シングル

怪鳥の甲殻 50%
怪鳥の翼膜 36%
怪鳥の耳  8%
怪鳥の鱗  5%
巨大なくちばし 1%

ハード

怪鳥の甲殻  45%
怪鳥の翼膜  25%
怪鳥の耳   20%
巨大なくちばし 10%

Gクラス

怪鳥の堅殻  55%
怪鳥の翼   30%
怪鳥の地獄耳 10%
立派なくちばし 5%

イャンクックの部位破壊

クックの耳の部位破壊は・・・

ランスで簡単にできます。
ランスで頭を攻撃しまくればすぐに壊れます。

みなさんもためしてみてください。

イャンクックの弱点

弱点は頭やしっぽ、翼です。

頭は何回も攻撃すると、耳が爆発したみたいにぼろぼろになります。
一番効くのは頭です。


イャンクックの生態


竜盤目・鳥脚亜目・鳥竜下目・耳鳥竜上科・クック科に属し、ごく稀に大量発生する小型の鳥竜。
頭部の側面に生えている大きな耳からも分かるように、非常に聴覚が発達しているが、それを逆手にとり、音爆弾等を用いて一時的に混乱させ、うごきを止めることもできる。

くちばしはしゃくれた様になっており、これを用いて地中に住む微生物を土ごと掬いあげて食べている。
また、個体ごとに縄張りを持っており、年に一度オス同士が争って縄張りをきめる。
繁殖期になると雌に卵を抱くための「クックファー」という毛が生える。

イャンクックは比較的他の飛竜に比べ、小柄でこれといった強力な攻撃も持っていないため、ハンター達にとって飛竜の登竜門、とされている。(参照:Wiki)


*アイテムリスト

・音爆弾 △(非怒り時のみ有効)、使用後は瀕死時以外は確定で怒る
・閃光玉
・落とし穴
・罠系生肉 ×

*弱点

・斬撃
・打撃
・狙撃

イャンクック(ガンナー攻略)

 持って行く弾
氷結弾、散弾LV1(できればLV2)、通常弾LV2

 へビィボウガン

移動は基本的に緊急回避でのみ行う。イャンクックから常に尻尾の範囲外に陣取り、緊急回避でイャンクックの正面から常に離脱し、横に回り込む。
そして相手が見当違いな方向に攻撃し始めた時に、弾を打つ。
最初は散弾を使い、この時はスコープをのぞく必要はない。
そして怒っても手順は同じ。
どうしても避けきれない時は閃光玉を使うとよい。
なお、散弾を打ち尽くした後は氷結弾に切り替えよう。

 ライトボウガン

基本的にはへビィと同じ。
ただこちらは走って移動することができ、緊急回避はここぞという時に使おう。
あとはへビィで述べた通り、相手の攻撃中、攻撃後の隙を突く形になる。

ちなみに散弾の速射機能を持つものもあるが、速射後の隙が大きいので、散弾速射タイプはあまりお薦めしない。
ちなみに弾はLVが高ければ高いほど有利に狩りを進めることができる
特に散弾系は狙いを定める必要が無いだけでなく部位破壊、雑魚の掃除もしてくれるので、
序盤・終盤を問わずかなり重宝するが、仲間と狩りに行く時は、仲間に当たってしまうので
使わない方が無難だろう。

 弓

流れはボウガンと同じである、常に溜めつつぐるぐるイャンクックの周囲を回り、溜め終わったらイャンクックに向き直り、弓を打とう。
早く終わらせたいのなら毒ビン、強撃ビンを持って行くとよい。
ガンナーは、比較的イャンクックと相性が良いためいい練習台になってくれるだろう。
閃光玉を使えばかなり一方的に攻撃できるため、どうしても、という人には、序盤では入手が面倒臭いががんばって作ることをお薦めする。
      

イャンクック(剣士攻略)

大剣

基本的に相手の攻撃が来ても常に避けれる間合いを保つ。
突進が来たら避けた後、すぐに追いかけて追いついたら抜刀溜めをして、
突進後振り向いたところで溜め3を頭に当てる。そしてすぐさま横に回避する
また、突進→急停止して噛みつきの場合は頭に溜めなしの抜刀斬りをする。
補足:どうしても正面の突進が避けれない場合は、頭ではなく翼を狙うようにすればよい。

片手剣

難敵登場。足は斬りかかっても弾かれ、ここで他の武器に変える人も多いはず。
翼にも届かないので、基本は頭を狙うことになる。
音爆弾はタブー。怒らせてしまううえに怯んでいる間は硬い足にしか攻撃できない。
攻撃は隙あらば頭部に攻撃する、という方法だがこれは相当イャンクックの動きに馴れなければ
難しいだろう。ただ、馴れれば比較的ダメージを受けにくい武器である。

双剣

基本的に相手の腹の下に潜り込む形になる。強走薬はお好みで持ってきても持ってこなくてもいい。
常に片方の同じ足に乱舞を当て、転んだら頭部に攻撃する。
また、怒り中は突進に巻き込まれると大ダメージを負ってしまうこともあるので、
怒ったら閃光玉で動きを止めることをお勧めする。
ただ、この方法は切れ味ゲージを激しく消耗するので、砥石の持ち込みは必要不可欠だろう。

ランス

結構楽である。ひたすら上付きを繰り出し、イャンクックがこちらに向いたらガードでOK。
基本的に翼を狙い、余裕があるなら頭も攻撃してもよい。
ただ、尻尾を回し始めたらステップを使い、素早く範囲から抜け出すこと。

ハンマー

大きく攻略方法は2つ有り、
溜め→足にスタンプ→即回避の一撃離脱をし双剣と同様、
転んだら頭に攻撃を加えるパターンと、頭しか狙わないパターンがある。
ただ、頭のみ狙う場合は意外とあっさり倒せる時もあるが、イャンクックの動きに馴れる必
要がある。


*いずれの武器で行く場合も、音爆弾は弱ったイャンクックが足を引きずり、
逃げ出そうとする時に投げる程度で、そこまで有効な手段にはならないことを覚えておこう。
また、イャンクックが弱ると耳を畳み、怒らなくなるので、捕獲したい人はそうなったら
音爆弾を投げた後、罠にはめて捕獲しよう。

上位のイャンクックとイャンクックの狩り方

武器

・水属性があって、切れ味の高い武器

持っていくもの

・回復薬
・回復薬グレート
・鬼人薬
・閃光玉
・シビレ罠
・強走薬

狩り方

まずキッチンで何か食べていく。
閃光玉を当てて強走薬と鬼人薬を飲む。
そして頭にガンガン乱舞を当てます。
これを繰り返せば時期に狩れます。

下位クエのイャンクックとイャンクック亜種攻略

イャンクックとその亜種

武器

・攻撃力のまぁまぁある武器か、切れ味が高い武器

持っていくもの

・閃光玉
・回復薬
・砥石(いるなら)
・薬草

攻略

ほぼダメージが無いので足は攻撃しない。
双剣の乱舞で頭を狙うのがベストです。
シビレ罠や閃光玉を使って。
これで狩れると思います。